ナビゲーションリニューアル

PCナビゲーションメニューリニューアル

レストラン

052−684−7522(平日:10:30~20:00 土祝15:00~20:00 日曜定休
※日曜が祝前日の場合は、土曜と同様の受付時間になり、祝日の月曜が定休日となります。)

ウェディング

【フェア見学予約の方の問い合わせ】
050-1860-5004(平日11:00〜18:00 土日祝9:00〜18:00)
(火定休 ※祝祭日除く)

【ご成約済みの方・その他お問合せ先】
052-684-7713 平日12:00〜18:00 土日祝9:00〜18:00)
(火・水定休 ※祝祭日除く)

宴会・会議・展示会

052-684-7871(平日10:00〜17:00)

party report

ザ・コンダーハウスのパーティーレポート

NEW!〈最新レポート〉言葉を大切に紡ぐ心あたたまる一日

披露宴会場 : 4F THE DINING ROOM

挙式スタイル : THE CONDER HOUSEオリジナル人前式

参列人数 : 73名

ーWedding party reportー

おふたりはお打ち合わせの中でこうおっしゃっていました

みなさんに感謝を伝えたい

そしてどうしたら楽しんでもらえるか

この日のために海外などから駆けつけてくださる方々のためにも

おもてなしを大切にされていたおふたりの結婚式ご紹介させていただきます

ーWedding dressー

お選びいただいたのは NAEEM KHAN のマーメイドラインのドレス

フラワーモチーフのレースが施されたロングスリーブのデザインで

クラシカルさを感じつつもVネックや背中の空きが女性らしい印象を与えてくれる一着です

新婦様はTHE CONDER HOUSEの雰囲気に合うようなクラシカルなドレスを探されており

元々はシンプルな光沢のある素材をイメージしていらっしゃいましたが

フィッティングの際に新婦様の上品さと笑った時のとても柔らかい雰囲気を見て

お似合いになりそうだなと思いコーディネーターよりご提案をさせていただきました

ーBouquetー

ウェディングドレスのレースを活かすために

ブーケは白色のカラーのみであえてシンプルでスタイリッシュに

ーCeremonyー

おふたりのご入場前に親御様のお気持ちを届けます

そして確かにその想いをしっかりと受け取った新郎新婦様

この日この場所にかけがえのないみなさんがいてくださることは

当たり前のことではなく奇跡であるからこそ

一瞬一瞬を大切にかみ締めていらっしゃいました


新婦お母様が手作りしてくださったリングピローを受け取られ

指輪交換のセレモニーへと進みます

ー誓いの言葉ー

"言葉で伝えること”

ウェディングプランナーからはこの大切さを特にたくさんお話をさせていただきました

おふたりはこの意図を理解してくださり誓いの言葉は

親御様へ向けたもの

そしてこれから人生を共にするパートナーへ

それぞれご自身の言葉で想いを綴ってくださいました

“あなたは私にとって大切な存在です”

改めて言葉にすることでより一層実感するのかもしれません

オルガンとハープがメロディを奏でる中

大切なみなさまに見守られしあわせいっぱいのおふたりのご退場です

ーWedding partyー

みなさまが特別なひとときをお過ごしになる披露宴会場前には

12月という時期もありドイツのクリスマスマーケットをイメージされた

クリスマスのオーナメントやおふたりの写真などが飾ってあり

ウェルカムスペースからわくわくする空間が広がっていました

"言葉で伝えること”

を大切にしたいというお気持ちから

ウェルカムスピーチはどちらかおひとりがされるのではなく

新郎新婦様からそれぞれみなさま向けて感謝を伝えられます

乾杯のご発声や友人スピーチの進行の中におふたりらしい仕掛けが

それは登場されるゲストのかたについて

司会者と掛け合いをしながら紹介するという演出です

出会いのエピソードや思い出に残っていることなど

一緒に過ごされた時間を振り返ります

ーFlower coordinateー

クリスマス感を意識しつつも

オーナメントなど使うほどのゴテゴテの感じではない

雰囲気をイメージしてくださっていたおふたり

そのため花材はグリーン レッド ホワイトなどのクリスマス感のある色味で統一し

花器やキャンドルでゴールドを取り入れ

テーブルクロスはアンバーで落ち着いたイメージでまとめました

メインテーブルはあえてアシンメトリーに飾ることでよりおしゃれさを演出しています

ー新婦様お色直し退場ー

新婦様は幼い頃から一緒に過ごしてきたいとこのおふたりと

そして可愛がってくださった大好きなお祖母様の手を引かれる姿に

親御様もとても嬉しそうにお写真を撮ってらっしゃいました

ー新郎様お色直し退場ー

「久しぶりに兄弟ふたり並んで歩く姿を両親に見せたい」

新郎様はそうおっしゃり弟様にエスコーターをお願いされました

新郎様から一言お気持ちを伝えられた後

弟様にもマイクを向けさせていただきました

ーDress changeー

お色直しはでは MARK INGRAM for VALENTINI の

赤のカラードレスをお選びくださいました

一着目のマーメイドドレスからガラっと雰囲気が変わりより華やかさがあり

新婦様のデコルテが美しく見えるような胸元のカットが特徴です

トレーンがあまり長すぎないシンプルなデザインためご移動がしやすく

みなさまと会話をお楽しみになられるテーブルラウンド時にもぴったりです



ーBouquetー

ゴールドがベースのリースに

白色メインのふわっとしたドライフラワーを用いることで季節感を出しました

そして一着目のブーケとも大きくデザインが異なることでより印象に残ります

ーゲストインタビュー×テーブルラウンドー

テーブルラウンドと同時進行で

事前に新郎新婦様よりご指名をいただいたゲストのかたへ

司会者がマイクを使い問いかけながらおふたりへの想いを届けていただきました

ーSuppliesー

そしてここで新郎様から新婦様へサプライズのプレゼント

新婦様が生まれ育った場所を巡りながらバラを集められ

改めてプロポーズの言葉とともにお気持ちを伝えられます

新婦様はとても驚いた表情をされながらも

懐かしいかたがたからのお祝いのメッセージや新郎様の言葉に涙をされていました

ー親御様へのインタビューー

おふたりが今日という日に一番感謝を伝えたかった “親御様”

そんな親御様には一日を通してどのように感じてもらえたのか

そしておふたりやゲストのみなさまと一緒にお過ごしになる中で

感じられたことなどを司会者から問いかけさせていただきました

ー結びー

挙式では親御様から

お手紙や謝辞ではおふたりから親御様へ

それぞれの想いがここでひとつになります

ーウェディングプランナーよりー

“想いを言葉で伝えることの大切さ”

を改めて感じさせていただいたご結婚式でした

挙式の入場前に親御様のお気持ちを代弁する司会者の言葉を聞きながら

表情が少しずつ変わっていくおふたりと親御様を間近で感じておりました

一生に一回しかない大切なみなさまが集うこの瞬間

お気持ちがちゃんと届いた瞬間に立ち合わせていただいたことを

心より嬉しく思っています



ーStaff creditー

Wedding planner:枡田 南美

Photographer:UNPLUGGED

Florist : 野々山 あかね(plants collection)

Dress coordinator:藤原 舞美(THE TREAT DRESSING)

MC:坂田 やすこ


party report
パーティーレポート