レストラン

052−684−7522(平日:11:00~22:00 土曜:15:00~22:00 日曜:定休日
※日曜が祝前日の場合は、土曜と同様の受付時間となり、祝日月曜が定休日となります。)

ウェディング

【フェア見学予約の方の問い合わせ】
050-1860-5004(平日11:00〜19:00 土日祝9:00〜19:00)
(火定休 ※祝祭日除く)

【ご成約済みの方・その他お問合せ先】
052-684-7713 平日12:00〜18:00 土日祝9:00〜18:00)
(火・水定休 ※祝祭日除く)

宴会・会議

052-684-7871(10:00〜18:00)

party report

ザ・コンダーハウスのパーティーレポート

〈クラシカルウェディング〉お料理を楽しみながら過ごす楽しい時間

披露宴会場 : 5F The Conder Hall

挙式スタイル : キリスト教式

参列人数 : 62名

ーWedding reportー

ご披露宴後に新婦様からウェディングプランナーへ一通のメールをいただきました

「ゲストからも”お料理が美味しかった!”等 たくさん嬉しいメッセージをもらいました」
「私達の披露宴で叶えたいことが叶い、とてもうれしく思います」

ご結婚式のお日どりをご決定いただいてはじまる数々のご準備をお手伝いさせていただき お迎えした当日、ゲストの心に響いたおふたりのご結婚式 その一日をご紹介します

ーFirst meetー

おふたりの出会いは大学時代 新郎様は新婦様に人生初の三度見をされたそう「それくらい美しくて」とお話ししてくださいました だからこそ 新郎様にはドキドキしながらウェディングドレス姿の新婦様の登場をお待ちいただく 「ファーストミート」をご提案
にこやかにゆっくり歩みを進められる新婦様と振り返った瞬間から溢れる新郎様の嬉しそうな笑顔がとても素敵でした

約100年前に旧名古屋銀行本店としてこの街に誕生したこの空間は 時を超え 現在は名古屋市の都市景観重要建築物に指定されています 歴史あるレトロモダンな建築とクラシックな内装デザイン そしてドレスアップされたおふたりの姿、特別な瞬間がより印象的なワンシーンになります

ーWedding dressー

お肌が白く 柔らかく女性らしい雰囲気をお持ちの新婦様 トリートドレッシングのドレスコーディネーターが新婦様に初めてお会いしたその時から Monique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)の繊細なレースやチュールがお似合いになると確信しおすすめさせていただいたブランドです

お選びいただいたこのドレスは 袖を通していただいた瞬間に運命の1着だと 自然と笑顔がこぼれていらっしゃいました 挙式スタイルはティアラでクラシカルにコーディネートしています


ーChristian(キリスト教式)ー

天井の窓やステンドグラスから降り注ぐ自然光にハープとオルガンの音色が柔らかく響きます 神聖なチャペルで行うキリスト教式 おふたりの永遠の愛をイエス・キリストの御前で祈り誓っていただきます

ーFlower Coordinationー

お花の打ち合わせを楽しみにしてくださり ご自身でもお好きなイメージの画像を集めてくださっていた新婦様 ご希望の「キャンドルを灯した大人っぽいイメージ」と お好きな色味やお花の雰囲気 ドレスに合うよう全体をコーディネート
会場内は くすみピンク・ムラサキ・白にゴールドをあわせ 全てのテーブルにゴールドのキャンドルをたくさん装飾し 照明を落とした際にキャンドルの灯りの揺らめきが一気に大人な雰囲気になります

ーWedding Cuisine & Drinkー

季節感を感じていただける前菜の盛り合わせや 旬のサザエの天ぷら 料亭河文のお出汁を使用した和テイストのお料理の数々 どのご年代のゲストにもお喜びいただけるコースをご用意 会場併設のプライベートキッチンから香ばしさとともに運ばれてくるお料理を出来たて熱々のままに皆様に召し上がっていただきました

新郎様側のゲストの皆様はお酒がお好きとのことで 披露宴会場には海外のビールを集めたビールビュッフェでおもてなし フルコースのお料理はどれもお酒がすすむ深い味わいを楽しんでいただけます

パーティー後半には華やかなデザートビュッフェもご用意 ゲストが選ぶお好みのスイーツをスタッフが取り分けご提供いたします

ーChanging dressー

はじめはカラードレスや色打掛にお召し替えを予定していた新婦様ですが フィッティングのなかでまったく違う雰囲気のウェディングドレスにお色直しをされたいと お気持ちに変化がありました

こちらは Anne Barge(アン・バルジ)のドレス
「良いデザインは時代を超越する」をモットーに、最小限の装飾でエレガンスさと清潔感を漂わせ 記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現したドレスを取り揃えているアメリカのブランドです
お選びいただいたのは 細身なデザインですが ラインがタイトに出すぎずとろんとした落ち感がきれいなクレープ素材です スタイリッシュかつ新婦様のお持ちの女性らしさが活きるシンプルソフトマーメイドのデザインです
イヤリングは大振りなフラワーモチーフにし 柔らかさを出したコーディネートになっています

ーGroom costumeー

挙式はクラシカルにブラックタキシードをお召しいただいた新郎様 お色直しでジャケットを替え 新婦様がご希望されていたブラウンのジャケットへチェンジ
パーティースタイルでも着崩すことはなく 小物はフォーマルなものをセレクト 肩肘張らずそれでいて特別感もある おふたりのイメージにぴったりなコーディネートになりました

ー新郎様からのお手紙ー

新婦様からのお手紙に続いて 新郎様にもご家族へお手紙をお読みになることをご提案していました 幼い頃に抱いていた親御様へのお気持ち 大人になるにつれてわかった親御様のお仕事と家族に向き合う在り方、ご両親をとても尊敬し感謝していること・・・

お手紙を読みはじめる前から 新郎様の目からは大粒の涙が溢れ 丁寧に綴られた素直な言葉を ひとつひとつ想いを込めて読まれました
にこやかにお聞きになっていたお父様も言葉を受け取りながら涙し 新郎様のご友人も静かに目頭を抑えながら見守っていらっしゃいました

ーお披楽喜ー

ご披露宴後にいただいた新婦様からのメールには 新郎様のお手紙の場面について 「1番反響がありました!」とのお言葉も添えていただいていました

おふたりからのおもてなしはもちろん ご結婚式だからこそ届けられる大切な方へのお気持ち おふたりのことが大好きなゲストの皆様と一緒に 心からの祝福や喜びに満ち溢れた一日でした

ーStaff creditー

Wedding planner:櫻井 理恵
Photographer: 夫馬 花菜子(PHOTIC PEER)
Florist :村上 奈穂(plantscollection)

party report

レストラン

052-684-7522(11:00〜22:00 日曜日のみ11:00〜19:00)

ウェディング

【フェア見学予約の方の問い合わせ】
052-684-7713(平日11:00〜19:00 土日祝9:00〜19:00)
(火定休 ※祝祭日除く)

【ご成約済みの方・その他お問合せ先】
052-684-7713(平日12:00〜18:00 土日祝9:00〜18:00)

(火・水定休 ※祝祭日除く)

宴会・会議

052-684-7871(10:00〜18:00)