ナビゲーションリニューアル

ここまで

PCナビゲーションメニューリニューアル

party report

ザ・コンダーハウスのパーティーレポート

〈センスフルウェディング〉おふたりらしい世界観溢れるこだわりの空間

披露宴会場 : 3F THE LIVING ROOM

挙式スタイル : キリスト教式

参列人数 : 44名

ーWedding reportー

最初に会場見学にお越しいただいた際に「ゲストとかしこまらず賑やかに過ごしたいんです」と仰られていたおふたり 当日をイメージする時にはいつも大切なゲストの皆様を思い浮かべていらっしゃいました また当日はお写真に残るからこそおしゃれな雰囲気にされたいと トータルバランスを大切にしながらセンスよくそれぞれのアイテムをお選びいただいています

ゲストのご到着を心待ちにしながら おふたりのご支度もすすんでいきます

ーWedding dressー

新婦様が身に纏うウェディングドレスはVIKTOR&ROLF MARIAGE(ヴィクター アンド ロルフ マリアージュ)のドレス 憧れをお持ち頂いていたマーメイドラインの中でも さらに心ときめくデザインであるかが新婦様にとってのこだわりの部分でした お選びいただいたのは しなやかなマーメイドラインに胸元にかけて藤の花のモチーフが印象的な一着
挙式時のヘアスタイルはゆるくウェーブをかけアップに アクセサリーはミニマムにクラシカルなスタイリングに仕上げていただきました


ーGroom costumeー

ご身長も高くすらっとされている新郎様 イタリアではフォーマルな色味として定着しているミッドナイトブルーのタキシードはスタイリッシュな印象に 新婦様とのバランスも大事にされており 挙式では新婦様をエスコートしていただくにふさわしいフォーマルスタイルの小物でまとめられました

ーChristian(キリスト教式)ー

新婦様のお父様は前撮りの新婦様のドレス姿のお写真をみて涙をながされていたそうです いつも新婦様がやりたいことを全力で応援してくれて 背中を押してくれたというお父様 新婦様の人生を表すヴァージンロードを一歩ずつゆっくり歩み 優しく新郎様のもとまでエスコートしていただきます

ーRing bearerー

リングベアラーは新郎様の妹様 大好きなお兄様の結婚が嬉しくて涙が溢れてきたんだそう お母様と一緒に指輪を届けてくださいました

ーTHE LIVING ROOMー

ご披露宴の会場は 大きな窓から差し込む明るい光と並木の緑を眺めながら 邸宅のリビングにお招きしたようにゲストとくつろいでお過ごしいただける会場リビングルーム 

ーFlower Coordinationー

明るく夏らしさを取り入れつつ 透明感とモードさ 抜け感を大切に また会場の絨毯や壁紙 メインソファ横のランプのデザインをお気に召していらっしゃるおふたりなので 会場のインテリアも活かしたコーディネートをご提案
黄色・オレンジを中心に夏らしさと透明感のあるオンシジウム・シンビジウム・モカラ等の蘭系の花やモードな雰囲気のシュペルティ・グロリオサ・珍しい複色のアンスリウムを 花器やランタンは明るいモードな雰囲気になるよう様々な形のものを取り揃えました

ーProfile bookー

おふたりお持ち込みのプロフィールブックはゲストのお席に おふたりご入場前のお時間もゲストにお楽しみいただきます

ーWedding Cuisineー

会場内のオープンキッチンで仕上がるお料理の数々 「美味しいお料理をみんなに食べて欲しい」と ゲストへのおもてなしも大切にこだわって選ばれたフルコースです

【当日のフルコースメニュー】
フォアグラサブレ パイナップル / キャビア ブッラータ ヴィシソワーズ
前菜5種盛り
栄螺 手火山家出汁 藻塩
フォアグラ 海鮮ちらし 和牛サーロイン 御寿司三種
オマール海老 ハーブ 雲丹
黒毛和牛ロース 枯木柚子ぽん酢 山椒塩
完熟マンゴー アプリコット / 桃 バニラ

ーエスコート退場ー

新婦様はお祖母様とご退場 新婦様自らどんな方か想いをお話しいただきました 新郎様はお祖父様お祖母様とご退場する際マイクを通して素敵な思い出をお話しに それぞれのお祖母様もお祖父様もとても嬉しそうな表情で手を握っていらっしゃいました 会場中から温かな拍手が送られます

ーChanging dressー

2着目のドレスはTOMO KOIZUMI for TREAT MAISON(トモ コイズミ フォー トリート メゾン)のドレス ウェディングドレスという概念にとらわれず ウェディングとファッションの境界線を越えていく “今までの常識やルールにとらわれることなく 本当の意味で心から愛していただける一着をお召しいただきたい” そんな想いをもってザ トリート ドレッシングとデザイナーであるトモ コイズミがタッグを組み生み出したドレスです 新婦様にお召しいただいたドレスはビックボリュームのシルエットでインパクトはありつつも オーガンジーのラッフルフリルがとても軽やかに揺れ動き ミニマムにピタっとまとめたヘアは大きくVカットが施された胸元をより活かし 上品さとモードな雰囲気を引き出します

ーBouquetー
モードなドレスに合うよう王道な丸いブーケをセレクトしつつ あえて茎を少し長めにしたデザインのブーケ ドレスのウエストのリボンの素材感に合わせた綿の黒いリボンを装飾しています

ー結びのお手紙ー

「いつもそばで見守ってくれていて一番尊敬する女性であり自慢のお母さん」と仰っていた新婦様 そして「家族が大好き」と仰る新郎様 おふたりそれぞれから親御様にお手紙をお読みいただきました

お打合せの時にご両家の親御様は似ているとお話しくださったおふたり「明るい、かたくない、任せてくれる、自由にさせてくれる感じが似ているんです」と だからご両家のお顔合わせも盛り上がったそうで 新婦様にとって嫁がれる先の新郎様の親御様のその雰囲気に安心されたとのことでした 新婦様の「育ててくれてありがとう」の想いを涙ながらに受け取られたご様子の親御様

おふたりにとってもご家族にとっても節目となるご結婚式は 感謝と愛情 幸福感に満ちあふれていました


ーStaff creditー

Wedding planner:伴 知奈津
Photographer: 神田 有希(estudio pepe)
Florist :宇野 志保(plantscollection)

party report